数独の全米大会の3位は不正行為疑い

前日フィラデルフィアで行いだ数独のアメリカの全国大会について書きました。

3位の3千ドルを取ったヴァルシャフスキさんはフッド付きジャケットのままで最初のパズルの全部をプロレベルの速さで関西した。しかし、素人にしたら凄すぎると思われた。。。それだけで不正行為の疑いはされないんだけどステージの上でパズルをやろうとした時に数字をひとつも入れる事ができない。基本的なコツや技も知らなそうでした。

この大会では選手たちはiPodとかを聞きながらやってもいいというルールはありましたが、フッドの下にどんなものを使っていたかわからないので、もしかして外にいる人がパソコンを使って完成していて答えをヴァルシャフスキに伝えていた。

もちろん、こんな楽しい大会には不正行為はありえないと思われたから無理に厳しくチェックされたいなかったみたい。来年の4月は数独の世界大会はフィラデルフィアで行うのでこの疑いにはしっかりして解決しないと世界中の数独家は世界大会に来ないだろう。

Previous post:

Next post: