七面鳥を焼いた (感謝祭のターキー写真)

前、コストコで買った七面鳥を焼いた。僕は説明した七面鳥の作り方の通りで丸焼きした。ぎりぎりでオーブンに入った。

実はぎりぎりすぎだったから七面鳥の足はオーブンのドアに触っていたからそっちがわがちゃんと焼けたか疑ったので足を片方をスープの元で使った。

(ターキースープは美味しいよ。。。玉ねぎとにんにくと人参とじゃが芋とセロリとかでキャベツとかで食べてみてください!)

じゃ、七面鳥を見て見ましょう。

焼く前にはこんな感じ:

その赤い点は肉の温度計。それは

ポンッと出たら、七面鳥の中の温度は安全ほど暑くなった。ポンッとしたら出来上がり!

焼く前に、中にある内蔵を取り出さないといけない。僕は内臓を捨てるけどネック(首)は美味しいスープになる(ちなみに肉が美味しくて歯ごたえがある。

内臓は袋に入っている。使ったらソースを作ることができるけど僕はいつも内臓を使わない。ネックは美味しいから捨てないでください!写真には右がネックです。左にあるのは全部の内臓が袋に入ったまま。

次。七面鳥を用意したら(油を付けて)、こんな感じだった。下の写真を見てください。

あまり生の七面鳥と変わらないけど油がちょっと見える。

そうして焼いた。本当に大きいから普通の家庭用オーブンしかないなら一番小さい七面鳥を買ったほうがいい。上の七面鳥は5kgです。オーブンに入るのは上に説明したようにぎりぎりでした。(入らない場合は背骨の隣に真ん中に切って、中川を下向きで半分ずつ焼いてもいい。それか背骨だけを取り出したらもうちょっとフラットになる。)

最終的に丸焼き七面鳥はこんな感じ。

ポンッと出た温度計も見えるでしょう。結局スープに使った足も見える。反対がわの足は全然きれいに焼いていた。後、上にある川がちょっと焦げがあるのはオーブンの上にちょっと近すぎたから。。。やっぱりこの七面鳥は僕のオーブンには大きすぎたから半分に切ったほうが良かったかもしれない。またクリスマスの時に作ったらもっと小さい七面鳥を探す。4kgぐらいでいいかな。

Previous post:

Next post: