バイリンガル育児の事実についての記事・5つのよく言われる勘違い、思い込み

英語で書かれた記事ですが。。。子供に2ヶ国語を使えるように育てたいなら読んで見てください。もちろん、英語と日本語だけじゃなくてどの二つの言葉についても役に立つ情報。

記事は基本敵意書いている事は、バイリンガル育てについての5つの「思い込み」

Raising Bilingual Children – The 5 Most Common Myths

*Mythという言葉を辞書で調べたら:「神話」とか「作り話」とかの意味が載っているけど、誰もわざと作った話でもない。たまに伝説という翻訳もあるけど、この場合「思い込み」が一番いいと思う。「勘違い」でも間違っていないかもしれない。

記事を読んでください。基本的にこの5つの思い込みについて書かれている。。。

  1. 子供が1つ以上の言葉を学んだら混乱してしまう。
  2. 2つは有り得るけど3つ以上は有り得ない。
  3. 子供は混乱して、習っている言葉を混ぜたり、区別できなくなっちゃう。
  4. 若いときにしなくてもいい、後ですぐ習えるから。
  5. 2つの言葉で読み書きが難しいすぎる、だって1つの言葉が上手にできない。

僕は知らなかったけどこの記事に書いている情報は:

子供の一日の起きている時間の3分の1ぐらい2ヶ国語目を聞いたり使ったりしていないと積極的に使えるようにならない恐れがある。もちろん、3分の1以下でもバイリンガルになるけど活動的な技術のために多い方がいいでしょう。

だから頑張ろう!僕はいっぱい子供たちに英語を喋ったりしているけど仕事もあるし、一日の3分の1以下かもしれないからやっぱりもっと英語を使わせないと。。。パパと一緒に英語で付き合う時間が一番大事って当然だけど英語のDVDやテレビもその3分の1に数えていいかな。

Previous post:

Next post: