バイリンガルの子育ての悩みーひらがな、カタカナ、と正しい発音

もちろん、日本にすんでいるうちに子供たちの日本語の勉強の方が上手く進むと思うけどその上に英語の勉強が大変となるところはやっぱり発音。

日本の英語の教材はなぜか必ず英単語の下にひらがなかカタカナを書いてしまう。読めるようになる前のM君はいつも

「パパ言って」

と言ってくれたから正しい発音を教える事が出来た。

この間、日本の英語の教材に出ていた季節の名前を読んでいたら、M君は夏の絵に指さして、

「This is。。。 サマ!」

と言った。僕はすぐそこにいたからすぐに発音を直せたから大丈夫だったけど、やっぱり日本に住んだらずっとひらがなとカタカナという「日本語中心的な」発音の表し方と戦わないといけない。

日本人の親でも子供を英語を上達させたいならひらがなとカタカナを本当に気をつけてくださいね!

というかM君が「大阪」と発音したら凄い英語っぽい(パパっぽい?)から直さなきゃ!

写真は僕たちの「お風呂教室」で使う教材 。うちの子たちはお風呂で集中してくれるからよく勉強します。この教材はお風呂の壁に張る事ができるから便利、しかしこのふりがなは納得できない。

080408_000701.JPG

Previous post:

Next post: