ディストピア映画・「ダイバージェント」予告編

最近ディストピアについての小説の映画が次々出てきています。ハンガー・ゲームがあんなに売れるので当然似たような話がハリーウッドで人気になる。

ダイバージェント 異端者 (海外文学)も女性の主人公(シャイリーン・ウッドリー )です。将来に、人は5つの共同体から選ぶ。殆どは自分が育てきた共同体を選ぶのに、家族と離れて新しい共同体に入ることができる。しかし、一つだけの共同体に向いていない人、いろいろな才能がある人は政府に危ないとおもわれて、「ダイバージェント」と呼ばれます。

予告編を見たら分かりやすい:

またテオ・ジェームズの「フォー」についての紹介ビデオがあります。

ダイバージェントの英語の予告編でも他のシーンとラブストーリー(?)も見れます:

ディストピアについての映画が好きならメーズランナーも来年日本で公開されますので見てください。

Previous post:

Next post: