ディストピア映画と小説「メーズランナー」予告編

去年、ザ・メーズ・ランナーという小説(The Maze Runner (The Maze Runner Series))を読んだら絶対映画にならないと思いました。読んだら想像できた世界ですが、映画にはムリだろうと思いました。

しかし、映画になります。その上、本を読むと想像する通りの世界です。最近ディストピアについての映画が流行っています(ハンガーゲームともうすぐ公開するダイバージェントの映画

何も覚えていない男の人がエレベーターの中で目覚める。迷路の中の少年たちと一緒に住むようになります。毎日朝から夜までに、迷路の中で出口を探すためにメーズランナーが走り回って地図を作る。夜中になると殺されるので、毎日夜になると迷路から家に戻ります。誰に、なぜくなったのかという話はメーズランナーのテーマ、予告編は英語ですが、日本語字幕バージョンもみつけましたので、両方登録します。見たら話が分かりやすいです。

字幕バージョン

念のため、(上記のビデオが削除される場合)公式バージョンも登録します。

Previous post:

Next post: