ジュラシック・パークの小説家 クライトンはなくなりました

ジュラシック・パークと他のバカ売れている小説を書いたマイケル・クライトンは66歳でなくなりました。

日本で大人気だったER 緊急救命室というアメリカのドラマも彼の作品です。クライトン本人は小説家だけではなくお医者でした。

科学者としても尊敬されて、よく科学のレクチャーもしました。彼の本と映画は時々科学(サイエンス)の恐ろしさのテーマを使った。

日本とのつなぎはライジング・サンという本も書きました。その小説も映画になりました。

色々な映画を監督したクライトンはウェストワールドというSFの映画も1984年のラナウェイも監督した。

最近映画になった小説「タイムライン」も書いた。

ざんねんですがいい小説と映画とUSJのアトラクションのインスピレーションも残してくれたからまだマイクル・クライトンが作ったものを読んでいない、見ていない、乗っていないなら是非試してみてください。

特にジュラッシク・パークのファンだったら小説を読んで見てください!映画より深いし裏の話も出るから面白いよ!

Previous post:

Next post: