オリンピック選手を育てる 5つのアドバイス

アメリカの金メダルを取った体操選手ショーン・ジョンソンのお母さんは最近アメリカの子育ての雑誌でオリンピック選手を育てたい親にアドバイス5点を教えてくれた。

ショーン・ジョンソンは2008年のオリンピックの平均台の金メダル(個人総合の銀!)を取った選手です。

お母さんのアドバイスと育て方を聞いたら感動するね。そういう風に自分の子を信じて、リードを取らせて応援してあげたいと思う。

アドバイスは:

ジョンソンさんのアドバイス 1:リードをさせてあげる

僕の意見:

やっぱり自分がしたかった事じゃなくて、子供が本当にやりたいことをやらせた方が成功するだろう。パパが野球のファンだから才能がないのに無理やり野球させてしまったらイチロみたいになるわけない、しかし卓球とかギターとか自分から好きと言って、才能ありそうなら応援したらいい事になるでしょう。

ジョンソンさんのアドバイス 2:いい指導者・先生・先輩を見つける

僕の意見:

ちゃんとしている指導者を見つけるのが大事。僕は個人的に子供に怒ったり怒鳴ったりする先生とコーチはだめだと思う。恐怖でだれも伸びない、緊張させたら政調したり100%尽くしたりできないから。コーチに怒られながら成功する選手はポジティヴな指導だったらもっとすごいことできると思う。

ジョンソンさんのアドバイス 3:自分の子供を応援する(優勝ではなく)

僕の意見:

たまに、子供が勝ってなくてもいい成長ができるから親がガッカリしてずっと子供の気持ちを尊重して、大切にしないといけない。

ジョンソンさんのアドバイス 4:決めてあげるんじゃなくて相談する

やめたいと言われたら、冷静に話を聞いたりする。強制なしに応援するべき。やっぱり自分の意志で続けた方ががんばりやすいでしょう。無理やり「やめたらあかん」とか「やめたら恥ずかしい」って言われたら続けてももう火が付いていないかも。

ジョンソンさんのアドバイス 5:信じる

教育的に言っても子供に責任を持たせて、信じてもらえたら成長するから自分の子供もそう。いつも疑われたら人の信用されていないと思ってしまう子供は結局自分を信じれなくなってしまう。子供は失敗するときはある、間違う時はあるって当然、大人もそうだから失敗するまでに信用してあげて、失敗したら相談を聞いて支えてあげましょう!

上のリンクの記事を翻訳していないから更にジョンソンさんの話を読みたいなら読んでくさい。英語で書かれているけどいい話もあるし、ショーン・ジョンソンの子供のころの話もあるから。

じゃ、頑張って将来のオリンピック選手を育てましょう!

Previous post:

Next post: